10・4


Google法務責任者が語る、「ストリートビュー」のプライバシー問題
「法務的に問題ないと判断した上でサービスを始めているが、既存の法規制に合わない新しいサービスにはいろいろなクレームが付くもの。すべてを事前に想定できるわけではない」

私有地への無断立ち入り&撮影は、グーグルにとって
合法か否か、事前に想定できない事らしい。

ミスで私道に入ってしまった場合は申告してもらえれば削除する。

ミスで人様の土地に無断進入しても、侵入された側が
言ってこなければセフセフらしい。
法治国家で、無断進入&無断撮影&無断公開を’ばれたら消してやる’
なんて言えるはずがない。
グーグルはいつから主権国家になったのだろう?

地元の法律で侵入を禁止されていたり、軍事施設や水処理施設などセンシティブなエリアには入っていない。

世界中どこを探しても、’無断で私有地に入り込み、
無断で撮影し、無断で公開して良い’なんて法律が
存在しているとは思えないんだが。
グーグル国ではそういう法律があるの?

――ストリートビューのプライバシー問題で訴訟に発展した例はあるか。
米国で1件、私道と知らずに通って家を撮影してしまい、削除したケースで、家を撮影されて精神的苦痛を受けたとして、賠償を求める訴訟が起きている。

おや〜?
’地元の法律で侵入を禁止されていたり〜中略〜入っていない。’
はずでは?
Googleストリートビューの画像を削除してもらうには?

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Map

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:6467 最後に更新した日:2009/10/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM