7・20


路上のケンカで大学生を刺した“平和愛好家”の正体
路上で、持っていた折りたたみナイフ(刃渡り約10センチ)で男子大学生の腹を数回刺して、重傷を負わせた疑い。
中井容疑者は関西学院大法学部を卒業、同大学院中退。『最新憲法がよ〜くわかる本』(秀和システム)などの著作もあり、憲法に関する講師も務める。作家・大江健三郎氏らが主宰する「九条の会」に呼応した「みのお9条の会」の呼びかけ人でもある。

法学部を出て、憲法に関する本を書き、’9条を信奉’
していたにもかかわらず、銃刀法は知らなかったようで。
(ただし、ソースはZAKZAK。刃渡りが8cm以下であれば、
銃刀法違反に該当しない)
参考:武術家にとっての銃刀法
【大阪】ナイフで大学生を刺した憲法9条推進派“平和愛好家”の正体

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Map

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:6467 最後に更新した日:2009/10/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM